15,000円以上のお買い上げで送料無料です。
ワインの王、王のワイン!バローロの中でも最上級のブッシアがお買い得価格!

Barolo(バローロ)はイタリアワインの王様と呼ばれ、ジュリアス・シーザーや16世紀のフランス国王アンリ2世も愛でた「ワインの王、王のワイン」として知られています。
ピエモンテ州バローロ村とその周辺の13の村で生産されたワインだけがBaroloを名乗れるDOCG名です。ピエモンテ州はトリノを州都とするイタリア北西部の州。バローロ村は中でも西の方に位置します。
バローロ産のワインの中でもBussia(ブッシア)の名を冠するものは最上級の優良畑「ブッシア」で生産されたネッビオーロ種の葡萄のみを使い、ワイナリーの中でも最も秀でたバローロにこの名を与えます。スタイルミーワインではSant'Agata(サンタガタ)ワイナリーによるイタリアンワインの最高峰ブッシアを直接買い付けました。そのためにリーズナブルな価格でのご提供です。
10月中に手摘みされたネッビオーロを厳選し、約20〜25日間27度の温度で発酵はされます。その後少なくとも24ヶ月間オーク樽で熟成し、ボトルでさらに6ヶ月間熟成されています。

ビロードのような滑らかさと重厚にせまりくる味わいは、まさに典型的なバローロの味わい。
強いガーネットの色合いにバルサミコの香りのアクセント。バラ、チェリー、熟したプラムのコントラストが特徴です。
バランスがよく長い余韻が楽しめます。

ようやく飲み頃を迎えた2009年ヴィンテージですが、ここからもう6年〜10年程度はお楽しみいただけます。
抜栓後1時間〜2時間程度がおすすめです。
口の大きいグラスでお楽しみ下さい。

テイスティング・ノート
しっかりしたフルボディ、丁寧なタンニンとサンタガタらしい華やかな香りが特徴です。
華やかな口当たりのあとにはビロードのように重厚な味わいが広がり、プルーンやラズベリー、ブラックベリーを思わせます。キノコのエッセンスに杉やタバコのスパイスが続き、長く丁寧な余韻が残ります。

よくマッチする料理やシーン
<肉料理全般><トリュフ><チーズ>
サンタガタのバローロ・ブッシアのしっかりした味わいはあらゆる肉料理にマッチします。
またトリュフの香りとも相性がよく、トリュフを使った料理でもお楽しみいただけます。リゾットやチーズともピッタリのバローロ・ブッシアを是非一度お試しください。


バイヤーから一言
バローロの中でも抜群の安定感が、サンタガタのバローロ・ブッシアです。
サンタガタらしい花のような香りが特徴的ですが、華やかさと重厚さのバランスがこれほどまでに良いバローロは他にありません。
特別なシーンはもちろん、あらゆるシーンにフィットします。是非一度お試しください。
担当バイヤー:沈 唱瑛『アカデミア・クチーナ・デラ・イタリアーナ』トリノ支部正会員


ボリューム 軽め ■■■■■ 重め
タンニン 控えめ ■■■■□ 強い
甘み ドライ ■■□□□ 甘い
香り シャープ ■■■■□ 華やか
酸味 まろやか ■■□□□ シャープ
果実感 スパイシー ■■□□□ フルーティ

生産者
Cantine Sant'Agata(カンティーヌ サンタガタ)
1992年、クラウディオ・カヴァレロとフランコ・カヴァレロ兄弟により設立。
ピエモンテ特産の品種ルケに拘ったワイナリー。
購入数