Sant'Agata PRO NOBIS 2011(サンタガタ・プロノビス 2011 イタリアピエモンテ州赤ワイン)

ZSAN0005

4,500円(税抜)

定価 4,500円(税抜)

15,000円以上のお買い上げで送料無料になります。
ローマ法王にも饗された幻の地品種ルケ100%のワイン

ピエモンテで栽培されている地品種「ルケ」はカスタニョーレ・モンフェラート周辺で多く栽培されている品種で、その歴史についても謎の多い、まさにミステリアスな葡萄です。
生産者もルケ全体で20程度のワイナリーしか生産しておらず、これまでルケはピエモンテへの旅行者しか味わえないワインでした。
その中でもこのSant’Aagata(サンタガタ)によるルケの赤ワインは最高峰クラスに位置します。
他社と飲み比べると一目瞭然の香りの違いが特徴で、ルケの最もユニークな部分であるフラワーブーケを最大限に活かした味わいが堪能できます。
サンタ・ガタのProNobis(プロノビス)は、ただでさえ少ない生産者の中でさらに少ないルケ100%のワインであり、その魅力を存分に引き出しているワインです。
同じサンタ・ガタのルケ100%ワイン、NaVota(ナボータ)よりも骨格のしっかりしたワインです。


センタ・ガタのワインプロデューサー、フランコ。チャーミングなオジサンです、日本にも何度か訪れています


ルケはピエモンテ州の中でも、そのまたごく一部しか作られていない珍しい品種です。



このPRO NOBIS(プロノビス)は、Sant'Aagataのルケワインの中でもフラグシップ的な位置づけにあり、その魅力をあますことなく伝えています。
デリケートなフラワーブーケの後、エレガントで調和のとれた味わいが続き、最後に長い余韻が残ります。
華やかな香りをもちながらもしっかりワインとして完成されており、これまでにない香りの体験をお届けすることと思います。ルケを知る上では是非試していただきたい赤ワインです。

先日のローマ法王アルマニアご訪問の際には、アリタリア航空のフライト内でこのプロノビスが饗されました。
まさにどこに出しても恥ずかしくない、伝統と気品の一本です。

法王のアルマニアご訪問の際の一枚です


テイスティング・ノート
サンタ・ガタのルケの特徴であるバラの香りもたっぷりと、あわせてスミレなどの野花のアロマが広がります。
しっとりとした口当たりの後にはスパイスの香りとともにほどよいタンニンが心地よく残ります。余韻も眺めで、バラの華やかさのエッセンスは影をひそめて葡萄本来の凝縮された香りが残ります。
華やかさと味わい、エレガントさとエキゾチックさの二面性をもつワインがプロノビスです。

よくマッチする料理やシーン
<ジビエ料理><タイ料理><インド全般>
香りが強い食べ物とよくマッチします。スパイスなどをつかった料理やエスニック、タイ料理などとも驚くほどマリアージュします。
クセが強い食べ物をしっかり受け止め、引き立てあいますのでジビエ、特に鹿肉や猪などのジビエもおすすめです。


バイヤーから一言
ルケの神髄が見られる1本です。
ベルベットのようなしなやかさ、バラを中心としたアロマ、かすかなタンニンとボリューム、極めて高いレベルでバランスされているワインです。
是非お試しください!
担当バイヤー:沈 唱瑛『アカデミア・クチーナ・デラ・イタリアーナ』トリノ支部正会員


品種:ルケ100%
アルコール度数:13.5%
エイジング・ポテンシャル:飲み頃です。2〜3年寝かせてもOK
香り:スミレやバラの香りとかすかなスパイス
サービング・ノート:適温18度〜20度の室温で。冷やさずに口の大きめのグラスでどうぞ。
ボリューム 軽め ■■■■□ 重め
タンニン 控えめ ■■■□□ 強い
甘み ドライ ■■■■□ 甘い
香り シャープ ■■■■■ 華やか
酸味 まろやか ■■■□□ シャープ
果実感 スパイシー ■■■□□ フルーティ

生産者
Cantine Sant'Agata(カンティーヌ サンタガタ)
1992年、クラウディオ・カヴァレロとフランコ・カヴァレロ兄弟により設立。
ピエモンテ特産の品種ルケにこだわるワイナリー。
購入数